フェルメール「音楽と指紋の謎」展 (恵比寿三越2階)
会期:2018年12月15日(土)〜2019年2月24日(日) 会場:恵比寿三越2階 開館時間:11:00〜20:00(入館は閉館の30分前まで) 入場料:大人(高校生以上)1,000円/小・中学生500円

お知らせ

2018/11/29
「フェルメール「音楽と指紋の謎」展」開催のお知らせ
2018年12月15日より恵比寿三越2階にて「フェルメール「音楽と指紋の謎」展」を開催いたします。

フェルメール「音楽と指紋の謎」展

ようこそ、リ・クリエイト展へ

17世紀のオランダ絵画黄金期を代表する画家のひとり、ヨハネス・フェルメールの全37作品をリ・クリエイトで一堂に展示する「フェルメール リ・クリエイト展」。リ・クリエイトとは、経年変化してしまった絵画を、最新のデジタルリマスタリング技術によって、描かれた当時の色調とテクスチャーを求めて、原寸大で、鮮やかに再創造したものです。

今回の「フェルメール「音楽と指紋の謎」展」は、オランダ本国のフェルメール・センター・デルフトの公認を受け、より精微で高品質な絵画作品として公開するだけでなく、「音楽」と「指紋」という2つの謎に福岡伸一が挑戦。その一部始終を展示いたします。

またフェルメールがたどった軌跡を存分に楽しんでいただけるよう、17世紀オランダ・デルフトの社会や絵画事情、フェルメールが画家となった背景、フェルメールの画業を知る豊富な資料をわかりやすく展示します。

展示内容

フェルメールの作品を「re-createリ・クリエイト」した全37作品を一堂に

フェルメール作と認識されている全37作品を、フェルメールが描いた当時の色彩を求め、原寸大で鮮やかに再現。最新の印刷技術が可能にしたフェルメール絵画の展示です。

Re-create
当初の色・状態

原画は経年劣化や修復・洗浄などによる退色・変化が避けられず、状態は様々です。一部の作品は、狂乱者により腐食性の液体が噴霧されるなど破損しているものもあります。 リ・クリエイト作業では、デジタル手法により、このような作品も忠実に復元。原画が描かれた当時の色鮮やかさをお楽しみいただけます。

制作年順に展示

作品は制作年順に展示。画業の足取りを追体験。

Audio Guide
音声ガイドは
宮沢りえさんと小林薫さんが担当

福岡伸一が本展のために書き下ろした、オリジナル・シナリオによるスペシャル解説を宮沢りえさんと小林薫さんが担当します。

フェルメールのアトリエ

絵画《手紙を書く女と召使い》を再現した部屋では、“あのアングル”で記念写真も撮ることができます。

Goods
オリジナルグッズ

オリジナル図録とミュージアムグッズを販売。

*展示の内容等は、予告なく変更する場合があります。

アクセス

恵比寿三越2階

〒150-6090
東京都渋谷区恵比寿4-20-7
恵比寿三越2階

【交通案内】

東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」・JR「恵比寿駅」東口より「スカイウォーク」にて約5分

※詳しい案内は恵比寿三越のホームページをご覧ください。

開催概要

フェルメール「音楽と指紋の謎」展

会期
2018年12月15日(土)〜2019年2月24日(日)
※1月1日、1月2日は休館(1月3日より通常営業)
※2月18日は休館
会場
恵比寿三越2階
東京都渋谷区恵比寿4-20-7
»アクセス
開館時間
11:00〜20:00
※入館は閉館の30分前まで
※12月31日は10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
入場料
大人(高校生以上)1,000円(税込)/小・中学生500円(税込)
※消費税含む。
音声ガイド利用料
500円(税込)
監修
福岡伸一(生物学者)
音声ガイド
宮沢りえ(女優) / 小林薫(俳優)
主催
フェルメール・センター銀座実行委員会
特別協賛
ANA
協力
価格.com
後援
オランダ王国大使館 / フェルメール・センター・デルフト / J-WAVE
企画制作
トド・プレス
詳細・お問い合わせ
フェルメール・センター銀座実行委員会事務局
tel.03-6252-4004
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-10 合同ビル7F